真相に関するFAQ

主筆: 芋洗坂係長

協力: 赤井さん、ヒゲ先生、高田さん、某居酒屋店主さん、GAGAさん、うめさん、S太さん、Yさん

前回の記事「赤井さん入院・帰国の真相」を掲載した後、たくさんの応援のコメントやメッセージをいただきました。赤井さんを含め我々は大変感謝しています。ありがとうございます。
さて、前回の記事に関してコメントやその他の手段で質問が寄せられていましたので、今回、FAQという形にさせていただき、ブログ記事として掲載させていただきます。

[Q] 前回の「赤井さん入院・帰国の真相」の記載内容が間違っていると主張する人がいますが?
[A] このブログでは記載内容に間違いがないよう、寒汰物語関係者だけではなく、赤井さんやJAC会員で今回の事情をよく知るヒゲ先生からも事情をよく聞き、また記載内容も間違い無いと確認していただきました。前回の記事も今回の記事もJAC会員の方も含めて当事者ほぼ全員がレビューしていますから、内容は信用していただいて結構です。

[Q] 赤井さんへの中傷が続いていますが、何か行動はしないのですか?
[A] 当事者でもなく、赤井さんを助けてもいない、ましてや友人でもない方が、赤井さんを中傷することには我々一同強い不快感を覚えています。今なお中傷をやめようとしないことには憤りすら感じます。しかし、これに関して特定の誰かを責める予定は今のところありません。理由は赤井さんはそのような揉め事を望んでいないからです。

[Q] 募金は本当に赤井さんにわたっているのですか?
[A] はい、間違いなく渡されています。6月8日、赤井さんが空港に向かう直前にパールレーン・ホテルにて赤井さんに会いに来た数名の前で某居酒屋店主より赤井さんに全額手渡されています。
募金者の一人もこの時、現場に立ち会っています。(立ち会った目撃者の方の募金だけはマニラでの入院費にあてられました)
赤井さんも、金額と募金者の名前が記載された封筒に入った現金を確かに確認しています。

[Q] 募金の明細は赤井さんに渡っているのですか?
[A] はい、上記のように居酒屋店主は、お金をいれた封筒に金額と募金者の名前を書いていました。これは上記の寒汰物語関係者の募金者も確認していますし、赤井さんも金額と募金者の名前が記載された封筒に入った現金を確かに確認しています。

[Q] 募金の明細は募金者に明かされているのですか?
[A] はい、寒汰物語の呼びかけに応じた募金者全員には明かされてます。ただ募金者全員の希望で、これを外部には公開しないことにしています。(寒汰物語の呼びかけと関係なく赤井さんに直接カンパされた方もいらっしゃいます)

[Q] 募金が詐欺呼ばわりされたことについて意見は?
[A] 上記の通り、全額赤井さんの入院費用に使われたか、赤井さんに現金が手渡されています。また寒汰物語関係者は1円も手数料もとっていません。詐欺とは事実無根の中傷ですし、そう呼ぶ人がいることには強い不快感を覚えます。

[Q] 赤井さんを助けたのは、どこの団体なのですか?
[A] ヒゲ先生や居酒屋店主さんを初め、多数の方が赤井さんを助けるために走り回られました。ある特定の団体が赤井さんを助けたというわけではありません

[Q] 赤井さんの最近の容態をきかせてください
[A] ヒゲ先生やMさんを初め日本に居る方々が奔走した甲斐もあって病状は以前より、かなりよくなってきました。世話をしてくださっている方々に赤井さんはいつも丁寧に感謝の意をあらわしています。ただ、なにぶん田舎で何もないところなので今は退屈なのが何よりつらいようです。赤井さんと旧知の方で北関東に行く事ができる方は是非お見舞いにいってあげてください。

[Q] JACの活動内容についてどう思いますか?
[A] 我々の多くは JACという団体の詳細は知らず、判断する材料を持ちません。少なくとも寒汰物語関係者はJACの活動内容には賛成も反対もしません。ただ、赤井さんの入院・帰国に関するJACブログの記載内容が事実と違うことを指摘したいだけです。

まとめ
我々は、あのユーモアな赤井さんの病状がさらに回復するのをただ願っています。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

赤井さん入院・帰国の真相

主筆: 芋洗坂係長

協力: 赤井さん、ヒゲ先生、高田さん、某居酒屋店主さん、GAGAさん、うめさん、S太さん、Yさん

このブログを立ち上げた背景

マニラ在住の赤井さんが病気で倒れ入院しました。支援者の協力もあって日本に帰国して無事治療を受けられるようになりました。

しかし、JACブログではその顛末が大きくねじ曲げる形で記載されてます。このままでは当事者、関係者の名誉にかかわります。

そこで、当事者である赤井さんやJAC関係者、またJACブログで名前が出た方々から本当のお話を伺いこのブログにて、事実を公表します。皆に何が真実かを知っていただきたいのです。JACブログを非難する意図はありません。何が事実かを多くの方に知ってもらうことだけが目的です。

赤井さん入院の顛末

2012年5月末、マニラでも人気者だった赤井さんが倒れました。ここのところ体調が悪く、検査を受けていたのですが、検査結果を聞きに行く矢先の出来事でした。病院に行く途中の居酒屋までたどりついたところで意識が失ってしまいました赤井さんを居酒屋店主さん及び二人のKさんがなんとか病院に連れていき、緊急入院するも一時は命もあやぶまれる状況でした。慢性腎不全が原因でした。

緊急透析など、多くの治療が必要でしたが、フィリピンでは高い医療費、貧しい福祉サービスもあり、フィリピンに入院したままでは身体も、経済的にもすぐに立ちいかなくなることが明らかな中、赤井さんの友人の奥さん、Hさんの奥さんのお兄さんが賢明に介護し、他に10人ほどがお見舞いにかけつけた。Kさんが入院費や諸費用の立て替えて替えを行いました。

ネット上でも人気の高い赤井さんを心配して、ブログ・S物語ではカンパの呼びかけが行われ、三ヶ国から少なからぬお見舞金が集まりました。

また、日本ではヒゲ先生、Mさん、Hさんが奔走して行政や病院とかけあい、赤井さんが日本に帰国して治療を受けられるように準備を行いました。
日本側の準備も整い、赤井さんの調子も小康状態となったことから、6月8日(金)赤井さんは日本に帰国し、北関東のJ病院に入院しました。J病院で治療を受けて、ある程度回復した赤井さんは退院し、友人Hさんが用意してくれた北関東の住居に移りました。

その後、ヒゲ先生Mさんなどが赤井さんの世話を行っており、その他の友人もたびたび見舞いに訪れているのが現状です。

JACブログで事実と違う記載

JACブログでの内容> 私(JACブログ主宰者)もこの本人(赤井さん)は知っています

事実> 赤井さんはJACブログ主宰者と話をしたこともありません。

JACブログでの内容> (JACブログ主宰者は)嘘や事実を捻じ曲げては書いてないつもりです。

事実> 内容は相当ねじ曲げられてしまっています。JAC掲示板で会員さんたちが書いたれた内容が切り貼りして転載されていますが、内容がかなり変わってしまっていると、引用元にされたJAC会員の方も困惑しています。

JACブログの内容> 代表(JACブログ主宰者)の書いたことはほとんど事実

事実> 事実でない内容が多いです。JAC会員を含む協力者の方に確認したところ、事実と違う点が数多くあることがわかりました。

JACブログでの内容>(赤井さんは)困ったおやじです。(中略)感謝の気持ちがないと言う事です、命を助けてもらい感謝の念がないというのは、恥も知らないということだと思います。

事実> JACブログに文章を引用されたヒゲ先生の意図は「フィリピンで倒れてしまっても、日本に帰ってくれば道が開ける場合がある。だから自助努力を怠ってはだめだ」という趣旨でした。JACブログに掲載された内容はかなり本来の意図から変えられてしまっています。

JACブログでの内容> (ヒゲ先生は)私(大串さん)の友人であり、JAC会員の情報を信じます。

事実> JACブログに文章を引用されたヒゲ先生は、JAC会員として助けたわけではありません。また、クローズドな場所に書いた内容を無断でブログに掲載されてしまっています。さらに、ヒゲ先生が書いた内容から随分と変えられてしまっています。彼がその点をJACブログ主宰者に指摘したところ、さらに捻じ曲げられた形で文章が掲載されてしまいました。

JACブログでの内容>  (赤井さんを)助けてくれたのがJACの会員

事実> JAC会員以外ににも多くの人が赤井さんを助けています。特にマニラでAさんの介護をした二人はJAC会員ではありません。

JACブログでの内容> 私は(赤井さんが)何度も酔っ払って寝ている所を見ています。

事実> Aさんは体質的に一滴もお酒が飲めません。飲みの席では、昔からヤクルトかトマトジュースを飲んでいます。赤井さんがお酒を飲まないことはJAC会員のヒゲ先生も言っています。

JACブログでの内容> 食べちゃいけないっていうのにホテルにラーメンを作らせた

事実> この日、赤井さんはマニラから日本に移動した。朝から何も食べていなかったので(機内食も食べてはいけないと言われていた)、ホテルに到着した深夜何か食事する店がないか聞きました。ホテルは「ラーメンなら作れる」ということであった。赤井さんは「医者にラーメンは止められている」といったところ、ホテル側が「では、肉も野菜も抜き、スープも薄めにして麺だけをいれます。それでどうでしょうか?」というので、赤井さんはその特製のラーメンを作ってもらい、麺だけをいただきました。

JACブログでの内容> 山盛りの朝食をルームサービスした

事実> 日本についた翌日、足もないし、店もないのでホテルで朝食を頼んだだけです。普通の朝食を食べただけです。山盛りというのは根拠のない話です。

JACブログでの内容> タバコは吸う

事実> 赤井さんが退院後にタバコを吸ったのは事実です。本人も深く反省しています。ただ、赤井さんは倒れるまで一日5箱(100本)吸っていました。それが退院後、数本に減らし吸ったことをとりあげて糾弾するのは酷かもしれません。

JACブログでの内容> どこかで買ってきた山盛りのお菓子を食べていた

事実> Aさんは看護師に相談して、許可されたせんべいを二枚食べただけです。「山盛りのお菓子」とは随分違います。

JACブログでの内容> 夕食ついでにフィリピンパブへ繰り出すしまつ。

事実> 赤井さんは、お見舞いに来てくれた方と4回、フィリピンパブに行ったことは事実です。
ただし、フィリピンパブとは住居を提供してくれてるHさんの経営する店です。赤井さんが使う洗濯機はその店の中にあります。4回のうち、3回はお見舞い客に連れて行かれました。残りの一回は、洗濯していると店に客として居た友人に「そんなところに居ないで、中に入ってきな」と言われて席に座っただけです。また、この店ではHさんの好意もあって、赤井さんの料金は基本的に伝票にはつきません。貴重なお見舞金をフィリピンパブで使っているわけではありません。

JACブログの内容> (赤井さんは)感謝の気持ちがない

事実> Aさんはお見舞いに来てくれている方、支援してくれた方々に丁重に感謝しています。

JACブログの内容> (赤井さんのための)寒太物語とかいうブログをやっている人が、大々的にカンパ(中略)詐欺

事実> カンパは全額、某居酒屋を通じて支払われ、赤井さんの支援に使用されています。詐欺とはとんでもない言いがかりです。JACブログではヒゲ先生が寒汰物語でのカンパを「詐欺」と呼んだように記載されていますが、ヒゲ先生もそのような意味で発言をしたわけはないと言っています。

まとめ

当ブログは、JACブログ全般を非難するわけではありません。しかし、少なくとも赤井さんの入院に関しては、あまりに事実と違う内容がJACブログに記載されています。またJACブログで引用元とされた人の意図があまりに捻じ曲げられた文章が記載されています。このことを皆様にご理解いただければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ